お気楽ママの海外生活体験、そして帰国後のお話


by licky-maa

手術

昨日、無事にサヨタマ手術をしてきました。
日本でしてきた友人に聞いていたのとは全然ちがうので
やっぱりビックリする事が多かったです。
そtれでは、昨日の様子を書きますね。

9時      予約していた時間なのでリッキーを病院まで連れて行く。
         しかし、ドクターはまだきてません。
9時半     ドクター到着。
         リッキーを触診?した後、麻酔?の注射を右後ろ足にブスリ。
         予約時に1時半に迎えに来ればイイと聞いていたので
         一応確認したら「1時間で終わるから、終わったら電話するよ。
         そしたら迎えにおいで~。」だって。
10時45分  「無事終わったからおいで。」の電話。
11時      病院到着。ニャン友Nちゃんも来てくれました。
         何にでも興味津々のNちゃん。
         ドクターに「取ったタマ見せて!」というリクエストを!!
         ドクター笑ってサヨタマを見せてくれました。
         自分のタマが見られてるとはつゆ知らず、キャリーの中で
         麻酔で寝てるリッキー。
         目が半開き。。。生きてますか~?!状態。
         化膿止め?のお薬をもらってお金を払って家路に。
         幹部はモチロン痛々しいです(T-T)
11時15分  自宅にて座布団で作ったリッキー用簡易ベットで
         麻酔から覚めるまで寝かせて置く。
         しばらくして黄色の胃液?を吐く。
1時半     何となく麻酔からさめ始め、状態を起こす。また胃液?を吐く。
2時半     ふらふらと立ち上がろうとするも、その場で倒れ込む。
3時頃     起きて歩こうとするが、何歩か歩くとバタリ。
         何回も歩いては倒れるのがかわいそうで、
         ケージの1階部分にタオルをしいてケージに寝かせることに。
         また吐く。
6時       ケージの2階部分に行きたがり、何回か
         ジャンプを試みるもうまくいかず。
         失敗してケガでもすると行けないので2階に行けないように
         仕切りを付ける。
         胃の中には何も無いのにまた吐く。
8時       目もしっかりしてきて、うまく歩けるようになったのでケージから
         出してあげる。
         いつものソファーにジャンプしてくつろぐ。
10時半    吐き気が収まったようなので、術後、初めての食事。
         日本から持ってきたリッキーの大好きな缶詰。3分の1だけ。
         お水もこのとき初めて口にした。
12時      就寝。

翌朝7時   リッキーが気になって、子供達の学校は休みだけど
         起きてしまった。
         完全復活、まではいかないけどいつも通り元気な様子。
         朝食にいつものドライフードをあげて私はまたベットに・・・(笑)

と、まあこんな感じです。
術後2日経ちましたが、なんの問題もなく、リッキー、いたって元気にしています!
なんとなく、甘えに来る回数が増えた気がします。

それにしても、術後1時間で返されるのにはビックリでした。
麻酔から覚めてふらふらの状態が見ていてもかわいそうで・・・
何回も吐いていたのもかわいそうでした。

でも、この国は人間の出産の時でさえ、産後1日で返される(希望すればもう少し延長可能。帝王切開は1週間程度)事を考えると、猫ちゃんだと1時間っていうのも分かる気がします。
本当は日本で手術したかったのですが、スプレーがエスカレートしたり、大きな声で鳴いたりするのも、リッキーにとってかわいそうかな~と思ったから、こっちで手術しちゃいました。
あと3日したら術後の経過をドクターに見せにいきます。
早く傷が快復してくれるといいな~。
[PR]
by licky-maa | 2006-02-10 22:20 | Licky