お気楽ママの海外生活体験、そして帰国後のお話


by licky-maa

リッキー

実は、今回リッキーを一緒の飛行機で連れて来れなかった。

当然一緒の飛行機だろうと思い、戻る2週間ほど前にリッキーの分の予約の電話を
航空会社に入れた。
すると、今年から、個人のペットの持ち込みは出来なくなったとのこと。
あとで調べた事だが、日本とこっちを結ぶ航空会社の中で
私の調べたかぎり、この会社だけダメだった。

去年までOKで今年からダメになったというあたり、この国らしいといえばらしいのだが(笑)

いや、笑ってる場合じゃない。

さてどうしたものか。

同じ航空会社のカーゴ便の取り扱い窓口に問い合わせをすると
個人からの直接の依頼は受けていないが
日通の海外引っ越し便などで、日通からの依頼だと受けれるので
まず、日通に問い合わせしてください、とのこと。

早速日通に問い合わせをして事情を説明。
確認をして折り返し、電話をしてもらうことになった。

この国にペットなど持ち込む際には輸入許可証が必要なことなど
夏休みの帰国前に確認しておいたので、日本での準備が出来た段階で
こっちに残っていた義弟に輸入許可証の申請に行ってもらって
先日、無事に取れて、あとは飛行機の確保だけだったのに
本当にしくじった!!
去年の年末に友人が日本から猫を連れて来たときは
この航空会社で手荷物の機内預かりで来れたのに。。。

でも、ちゃんと確認をしなかった私が悪いのだ。

数時間後、担当のFさんから電話があり、
こちらの事情を説明すると、過去に1回こっちに輸出したことがあるそうで
大丈夫ですよ、とのこと。
輸入許可証も取れてるので、あとは出国の検疫と飛行機の便の確保だけ。
なるべく同じ日にして貰えるように頼んだが、週末ということもあり
結局同じ日ではとれなかった。
後日の5日、夜の便でこっちに送ってもらうことになった。
私が居なくなってからは、同居の母に面倒を見てもらうことにして
出発日は旦那に空港まで持って行ってもらうことにした。

リッキーは置いて行かれた、ということに気づくだろうな~。
案外、おっとりした性格なので、大丈夫だとは思うけど
無事に到着するまで安心できない。

リッキーが到着するのは6日早朝5時。
6日は早起きして、お出迎えするから無事にママンのもとにおいで~~~!!
[PR]
by licky-maa | 2005-09-04 04:53 | Licky