お気楽ママの海外生活体験、そして帰国後のお話


by licky-maa

湿気

こっちに戻ってきてからというもの
毎日の湿度の高さに参っている。。。

エアコンを使っていると、夕方~夜にかけて
窓の外側に水滴がつくのだ。

日本で冬場、窓に水滴が着く「結露」の現象である。

その結露が窓の外側に出来るくらい、湿気がスゴイのである。

「砂漠の国だから、カラっとしてるんでしょ?」とよく聞かれるが
私もココに住むまではそう思っていた。
でも実際に住んでみると、大変なことである。

マンションやショッピングモールでは空調が利いてるのでいいのだが
そこから一歩外に出ると、サングラスがモヤ~~っと曇るのだ。
しばらく目の前が真っ白なので、どんくさい私は危うくこけそうになる(笑)

それだけ湿度がスゴイので、夏休みの間2ヶ月も留守にすると
エライ目に遭うことが分かった。

我が家は大丈夫だったのだけど、友人宅では帰ってくると
リビングの壁や天井には一面カビが・・・
日当たりの悪い物置の部屋に行くと、白カビ、黒カビ、青カビ・・・・と
カビのオンパレードだったそうだ。
なんだか、おいしそうなチーズの出来る熟成室でもできそうな。。。
いやいや・・・(^^;;
結局ペンキを全面塗り直してもらうハメになったらしい。

オマケにオシャレな木製のチェストの引き出しが湿気で
膨張して、歪んでしまい開かなくなってしまったそうだ。
中の物を出さないといけなかったので、無理矢理引き出すと
今度は元に戻らなくなってしまい、引き出しは引き出されたままの状態となってしまった。

それもこれも、みんなこの湿度の高さ故の話。

暑さは随分マシになったものの、この湿気がおさまらないと
公園でのピクニックも、さんざんなものになりそうだ。。。
[PR]
by licky-maa | 2005-09-16 23:23 | Life