お気楽ママの海外生活体験、そして帰国後のお話


by licky-maa

カテゴリ:Licky( 39 )

International Cat Show 2006

金曜日にリッキーをキャットショーに出してきました。
当初は出すつもりはなかったのですが、ネコ友達と相談して
彼女の飼ってるスコちゃんと共にリッキーも参加することになりました。
木、金の2日間の開催でしたが、木曜日は子供達の学校があったため
参加できず、金曜日の1日だけの参加となりました。

朝9時に受付け開始だというのに、遅刻者続出。
さすが海外、時間厳守という言葉はないようです。
ツワモノになると12時近くに会場入りするオーナーも。
もちろん、そういう人はいい賞はもらってなかったですけどね~。
去年出場していたのをジャッジの人や、主催者の人、ネコちゃんオーナーも覚えててくれて
「1年ぶりねー!」と久しぶりの再会を喜びました♪
主催団体はドイツの団体なのですが、参加者の中にはわざわざドイツから
参加しに来た人とかもいて、本当にInternational Cat Showだな~と感心しちゃいました。


日本でのキャットショーをまだ経験したことがないので
どういった様子なのか分からないけど、ここはいたって自由。
割り当てられるケージをどう飾ろうが、内装をどうしようが
オーナーの自由なんです。
リッキーは愛用の私の手作りハンモックをもってきました。
すっかりくつろいだ様子でしたよ♪
e0046986_1855298.jpg


さて、1回目の審査が始まりました。
リッキーの順番のときはジャッジの話を聞くのが精一杯で
写真を撮り損ねてしまいました(^^;

2回目に名前が呼ばれると、今度は観客の前に出されて
違うジャッジによる審査&解説。
その猫の種類の特徴などを詳しく説明していきます。
e0046986_18562158.jpg


2回目のジャッジが終わると、部門別に下位から順番に呼ばれていきます。
5位、4位と呼ばれていく中、リッキーが残っていきます!
そして!
なんとNeuter部門でリッキーが1位をいただきました!!

その後も部門別の発表が続き、それが終わると今回のショーの
最終成績発表?が始まります。
この辺が良く分からなかったのですが、まあ、なにか賞がもらえるみたいなので
待機することに。
そしたら、なんとリッキーも呼ばれました!
壇上に上がり、順位の発表を待ちます。
私の心臓はもうドッキドキ!!
そして、今回のショーのBest Semi Long Hair をいただきましたーーーーっ!!
e0046986_1934723.jpg


これがその盾。
e0046986_1858458.jpg

台座にはちゃんと「Best Semi Long Hair」と彫ってあります。
e0046986_191363.jpg

去年の盾はアクリル製だったのですが、今回はガラス製。
今回もらった賞品のなかで、一番カワイイ&欲しかったものだったので
すっごく嬉しかったです!
この他にもスポンサーのペットショップからおやつやおもちゃ、キャットタワーなど、色々と貰っちゃいました!
e0046986_1925789.jpg


1日中会場にいたので、リッキーはお疲れ&腹ペコだったのか
家に着くなり、ご飯をペロリ。
いつより早く寝入りました。

きっと来年も会いましょうね、とみんなと挨拶したので
来年も出れたらいいな~と思います。
楽しい1日でした!
[PR]
by licky-maa | 2006-11-11 18:52 | Licky

夏休みも終わって

日本で過ごす夏休みがとうとう終わり
戻る日がきてしまいました。
毎度のことながら、相当後ろ髪惹かれる思いでの出国です。

今回は前年とは違い、リッキーも一緒です。
7日前までに出国する空港の検疫所に予約の電話をいれ
準備は整っています。

いつもより早めに空港について、まずはリッキーの検疫へ。
旅客ターミナルから随分離れたところまで歩いていかなくてはならず
もっと近くにあればいいのに~と思いました。
ワンちゃんが先客でいたので別室に通され、一通り書類を書き
問題なく(あたりまえです~~~)検疫を済ませました。
検疫が済むと「検疫済証」のタグがもらえます。
お墨付きをいただけたようで、なんだかちょっとうれしくなりました~~(笑)
e0046986_1434121.jpg


その後、航空会社のカウンターにてチェックイン。
おやおや、隣のカウンターではさっきのワンちゃんがいるではありませんか!
でも、このワンちゃんは貨物室いきでした。
(もちろん、動物専用の貨物室ですよ!)
リッキーは手荷物扱いだったので超過料金(1キロ当たり5000円くらい)を
別のカウンターで支払いました。
日本から持っていくほうが金額的に高かったです。
無事レシートをもらったら、あとは普通に飛行機に乗るだけです。

リッキーも慣れたのか、鳴くことも出せ出せとせがむことなく
飛行機内も乗り継ぎのバンコクの空港でも賢かったです!!

無事、到着し出発前に手に入れていたリエントリーの紙も
誰もチェックしなくて、気が抜けちゃいました。

家に着いてから、一通りパトロールして
あとは思い出したのか、いつものところで水を飲み、
トイレを済ませ、ご飯を食べて、くつろいでいました。

リッキー、日本での楽しかった思い出を忘れないで、また1年がんばっていこうね~~♪
[PR]
by licky-maa | 2006-09-04 01:34 | Licky

かばん

ノートPCを入れるカバンをソファーに置いてたら
リッキーがすかさずもぐってました。

e0046986_1334939.jpg


しかもメインではなく外側のポケットにが気になる様子。
結局、こうなりました。

e0046986_1344657.jpg


「このフカフカ素材が気に入った。」

e0046986_138272.jpg


「今晩はここで寝てもイイ??」
[PR]
by licky-maa | 2006-08-25 13:09 | Licky

残暑お見舞いー。

まだまだ暑い日が続きますね。
日本での我が家は2世帯住宅の2階なので、1階に比べると
とっても暑いのです。
どこかに出かけるときも、リッキーのためにエアコンはつけっぱなし。
電気代が恐ろしいです・・・

去年買ったリッキーのベットですが、ぜんぜん中で寝てくれず
横のマットで寝てました。
そこで今年はマットの上にベットを置いてみたら
あーら不思議!
ちゃんとベットの中で寝てくれるようになりました。
マットがないから仕方なく。。。っていうのが本音かしら?

e0046986_1622761.jpg

「仕方ないから寝てやるよ。」
[PR]
by licky-maa | 2006-08-24 16:06 | Licky

キャリー

日本を満喫中です。

でも、そろそろ戻る時期が近づいてきましたね~。
先日はリッキーの検疫の予約をしました。

機内に持ち込むためのキャリーですが、最近ではリッキーが自力で出れるように
なってしまって、困ってました。
新しいキャリーを探したのですが、機内持ち込みのサイズにあうものがなく
結局、補強することにしました。

以前は前の記事にあるように、扉に止め具が1箇所だったのですが
これを3箇所に増やして、ついでに趣味に合わなかった
中の布を綿麻混の小花柄に張り替えました。
e0046986_1032896.jpg

どうです?
なかなかうまく行ったでしょ~♪
リッキーを入れて出れないか実験しましたが、ばっちり脱走不可能でした~!
e0046986_1062630.jpg

「脱走できないのにゃ~。」
[PR]
by licky-maa | 2006-08-23 10:08 | Licky

移動

リッキーと一緒に帰ってきて、書類をあれだけ集めたのに
むこうを出国するときは、なんの書類の提示も求められなかった。
っていうか、空港の職員、知らないと思う・・・
航空会社のカウンターの職員は、スペシャル・バゲージ代を取らなきゃいけないので
ちゃんと手続きしてくれたが・・・(笑)

空港に入る際、荷物を預けて出国ゲートを通る際、入国管理ゲートを通るとき、
手荷物検査ゲートを通るとき、出発ゲートに入る際、どこも対応は一緒で
「あ、猫だ!ほら、みてごらん、ねこだよ!」と職員同士が会話して
かわるがわるリッキーを覗き込みにやってくる。
女性の職員の中にはこわごわ見に来る人もいておもしろかった。
でも、なかには「それもそこに通して。」と
荷物検査のX線の機械を指差す、とんでもない職員もいた。
結局キャリーからリッキーを出し、抱っこして金属探知のゲートを通ることになった。
それで手荷物と一緒にキャリーだけX線を通した。

いつもより小さめのキャリーだったので、ちょっと窮屈そうかなと思ったけど
本ニャンは気にすることもなく、無事に機内へ持ち込めた。
e0046986_15435478.jpg


子供達がまだ小さいので、足元に置いても困ったことにはならなかったけど、
ちょっと狭い。。。

バンコクで乗り継ぎがあり、4時間ほど時間があった。
キャリーに入れておくのもかわいそうなので
待合ロビー(いすを何席か使って寝てる人が多数)でハーネスを着けて出してあげた。

以前から練習してた簡易トイレでのおしっこはやっぱりできなかった。
それよりも周りの様子が気になって、そこらへんを歩き回りたそうだったけど、
もしかしたらそれで注意されるかもしれなかったし、ほかの人の迷惑にもなりそうだったので
私達が座ってる周辺だけウロウロさせた。
そこでちょっとだけカリカリとおやつ、水をあげた。
e0046986_15515469.jpg


バンコクから日本までの乗り継ぎ便への搭乗手続きもスムーズに済んで
あと6時間、機内で過ごしたら日本到着。

この便は比較的空いていた。
さっきの便もそうだけど、うちの子供達は熟睡三昧だったけど
リッキーはぺたんと座り込むことはしても寝ることはしなかった。
この便でも寝ていなかった。

ようやく日本へ到着。
いそいそと荷物受け取りのベルトに行き、自分たちの荷物をとり
同じフロアにある動物検疫所に行った。
無効で用意した書類を提出し、マイクロチップの確認を済ませ
入国許可証をもらって手続き終了。
あらかじめ、むこうから必要書類についてメールで再三問い合わせを
繰り返していたので、すんなり手続きがすんだ。

無事に日本帰国を果たしたリッキー!

今度は日本出国(去年は日○通運にお任せしたので・・・)の手続きを体験しないと!

長時間の移動にもかかわらず、家に着いて一通りの探検をしてました。
体調も崩すことなく、いつもどおり元気な様子に一安心。

今でも毎日元気にしてますよーーーーっ!
[PR]
by licky-maa | 2006-07-05 16:03 | Licky

かえってきましたー。

日本に帰国しましたー。
帰国前からあわただしくしてたのと
パソコンの不具合でなかなか書き込みができなかったけど
無事にLickyも一緒に帰国することができました!
9月2日に戻る時は「再入国許可証」を取っておいたので
むこうに入国するのは問題なさそうです。

帰国早々に新しいパソコンも買ったので、
今はデーターの移行中。
も少し落ち着いたら、日本に帰国するまでのことを
詳しく書こうと思っています!
[PR]
by licky-maa | 2006-06-28 13:35 | Licky

あと少し。

この前のブログに書いたように、リッキーの日本への入国手続きが
ほぼ準備完了です。
事前届けを済ませ、必要書類とか、搭載する航空会社選びとか
イロイロと雑用がイッパイでした。
毎回使ってたエミレーツ航空ではファルコン以外の動物の搭載は
カーゴ便を使わないと出来なくなったので、今回から使用をやめました。
今回からはタイ航空を利用することにしました。
私が調べた限りでは、ココと日本を運行してる航空会社で
タイ航空が唯一動物の機内持ち込みを許可してる航空会社だったからです。
先日さっそくオフィスに出向き、聞いてみるとキャリーの大きさ・重さの制限はあるものの
客室への持ち込みがOKでした。
価格もカーゴ便で頼む10分の1程度で済むので「よっしゃー!!」って感じです♪
ここ数日は関空の動物検疫所の方とメールのやりとりをして
書類に不備が無いかどうか、検疫の場所など、イロイロと聞いておきました。
検疫所の方も丁寧に対応してくれて、よかったです。
今年経験しておけば、来年はまた同じ事の繰り返しなので
スムーズに出来るでしょう!
あとは、こっちのMinistryで出国時の検査をどのようにすればいいのかなど
聞きに行くだけです。

17時間ほどのフライトになるだろうけど、リッキーがんばろうねー!!
(途中バンコクで乗り換えがあるから、ちょっと休憩できるしね。)
[PR]
by licky-maa | 2006-05-05 18:17 | Licky

1歳

昨日はリッキー1歳のお誕生日でした~!!
バザーに行ったりして、大変だったけど
夜にケーキを買って、ろうそくを1本たてて
子供達とお祝いしましたよ~。

こう考えると1年ってあっと言う間。

1年前の今頃はソマリを飼いたくて、でもここじゃどうしようもなくて
ネットでソマリのブリーダーさん達に問い合わせのメールを送ったりして
毎日PCにむかってました。
縁あって我が家の仲間入りをいたリッキー。
これからも末永く健康でいてくれたら、それだけで十分!!
これからもよろしくね~~♪
e0046986_1745761.jpg

[PR]
by licky-maa | 2006-03-02 10:57 | Licky

手術

昨日、無事にサヨタマ手術をしてきました。
日本でしてきた友人に聞いていたのとは全然ちがうので
やっぱりビックリする事が多かったです。
そtれでは、昨日の様子を書きますね。

9時      予約していた時間なのでリッキーを病院まで連れて行く。
         しかし、ドクターはまだきてません。
9時半     ドクター到着。
         リッキーを触診?した後、麻酔?の注射を右後ろ足にブスリ。
         予約時に1時半に迎えに来ればイイと聞いていたので
         一応確認したら「1時間で終わるから、終わったら電話するよ。
         そしたら迎えにおいで~。」だって。
10時45分  「無事終わったからおいで。」の電話。
11時      病院到着。ニャン友Nちゃんも来てくれました。
         何にでも興味津々のNちゃん。
         ドクターに「取ったタマ見せて!」というリクエストを!!
         ドクター笑ってサヨタマを見せてくれました。
         自分のタマが見られてるとはつゆ知らず、キャリーの中で
         麻酔で寝てるリッキー。
         目が半開き。。。生きてますか~?!状態。
         化膿止め?のお薬をもらってお金を払って家路に。
         幹部はモチロン痛々しいです(T-T)
11時15分  自宅にて座布団で作ったリッキー用簡易ベットで
         麻酔から覚めるまで寝かせて置く。
         しばらくして黄色の胃液?を吐く。
1時半     何となく麻酔からさめ始め、状態を起こす。また胃液?を吐く。
2時半     ふらふらと立ち上がろうとするも、その場で倒れ込む。
3時頃     起きて歩こうとするが、何歩か歩くとバタリ。
         何回も歩いては倒れるのがかわいそうで、
         ケージの1階部分にタオルをしいてケージに寝かせることに。
         また吐く。
6時       ケージの2階部分に行きたがり、何回か
         ジャンプを試みるもうまくいかず。
         失敗してケガでもすると行けないので2階に行けないように
         仕切りを付ける。
         胃の中には何も無いのにまた吐く。
8時       目もしっかりしてきて、うまく歩けるようになったのでケージから
         出してあげる。
         いつものソファーにジャンプしてくつろぐ。
10時半    吐き気が収まったようなので、術後、初めての食事。
         日本から持ってきたリッキーの大好きな缶詰。3分の1だけ。
         お水もこのとき初めて口にした。
12時      就寝。

翌朝7時   リッキーが気になって、子供達の学校は休みだけど
         起きてしまった。
         完全復活、まではいかないけどいつも通り元気な様子。
         朝食にいつものドライフードをあげて私はまたベットに・・・(笑)

と、まあこんな感じです。
術後2日経ちましたが、なんの問題もなく、リッキー、いたって元気にしています!
なんとなく、甘えに来る回数が増えた気がします。

それにしても、術後1時間で返されるのにはビックリでした。
麻酔から覚めてふらふらの状態が見ていてもかわいそうで・・・
何回も吐いていたのもかわいそうでした。

でも、この国は人間の出産の時でさえ、産後1日で返される(希望すればもう少し延長可能。帝王切開は1週間程度)事を考えると、猫ちゃんだと1時間っていうのも分かる気がします。
本当は日本で手術したかったのですが、スプレーがエスカレートしたり、大きな声で鳴いたりするのも、リッキーにとってかわいそうかな~と思ったから、こっちで手術しちゃいました。
あと3日したら術後の経過をドクターに見せにいきます。
早く傷が快復してくれるといいな~。
[PR]
by licky-maa | 2006-02-10 22:20 | Licky